当サイトは広告を利用しています。

不登校になった時の学校との付き合い方を解説

不登校の学校との付き合い方

不登校になったの学校との付き合い方に関しては、どうすればいいのか不安や疑問が尽きないでしょう。

そこで、本記事では「不登校になった時の学校との付き合い方」について詳しく解説します。

こちらの記事は多くの人に読まれています!

>>不登校だった子供がわずか3週間で学校に行く気になった方法!

子供の不登校で悩んでいる親の方はこの記事だけは絶対に読んだ方がいいです。

1.子供が不登校になった時の学校との付き合い方

子供が不登校になった時の学校との付き合い方は主に3つのポイントがあります。

  • 信頼関係を築くことを意識する
  • こちらの要望ははっきりと伝える
  • 担任の先生と信頼関係を築けないようであれば他の先生に相談する

1-1.信頼関係を築くことを意識する

信頼関係の構築は、子供が不登校になった時に学校との良好な関係を築く上で極めて重要です。

以下に、信頼関係を築くことの理由をいくつか挙げます。

・子供のサポート

学校との信頼関係があると、学校は子供のニーズや課題に対してより効果的なサポートを提供することができます。

子供が学校で感じる不安や困難を理解し、適切な対応を行うためには、教師やスタッフとの信頼関係が欠かせません。

・学習環境の改善

子供が学校に通う時間を増やすためには、学習環境の改善が必要です。

信頼関係があると、学校と協力して子供のニーズに合わせた環境改善が行われる可能性が高まります。

例えば、特別な学習支援や個別指導、クラスの雰囲気改善などが考えられます。

・コミュニケーションの円滑化

学校との信頼関係が築かれると、保護者と学校の間のコミュニケーションも円滑になります。

情報の共有や相談がスムーズに行われるため、子供の状況や進捗を把握し、適切なサポートを受けることができます。

信頼関係の構築には時間がかかる場合もありますが、子供のためには積極的に取り組む価値があります。

1-2.こちらの要望ははっきりと伝える

子供が不登校になった場合、学校との関係を構築するためには、こちらの要望をはっきりと伝えることが重要です。

以下に、要望を明確に伝える方法やその重要性について説明します。

・目標と希望の共有

子供が学校に戻ることや学習を再開することが目標である場合、学校とのコミュニケーションを通じてその旨を伝えましょう。

具体的な希望や目標を共有することで、学校側もそれに向けたサポートを考えることができます。

・学習プランの調整

子供の学習に関する要望やニーズを学校に伝えることで、学習プランの調整が可能になります。

例えば、個別の教育支援や補習の提供、学習ペースの調整などが考えられます。

具体的な要望を伝えることで、子供がより適切な学習環境で成長できる可能性が高まります。

・コミュニケーションの円滑化

こちらの要望をはっきりと伝えることで、学校とのコミュニケーションが円滑になります。

学校側も要望を把握し、適切な対応を取ることができます。

面談やメール、連絡帳を活用してこちらの意思や要望を明確に伝えることが大切です。

要望を伝える際には、具体的な事例や例示を交えることで説明がより具体的になります。

1-3.担任の先生と信頼関係を築けないようであれば他の先生に相談する

子供が不登校になった際、担任の先生との信頼関係が築けない場合は、他の先生に相談することが重要です。

以下に、その理由と具体的なアプローチ方法を紹介します。

・サポートの多様性

学校内には複数の先生や専門職が存在し、それぞれが得意とする領域やアプローチ方法が異なります。

担任の先生との関係が上手くいかない場合でも、他の先生とのコミュニケーションを通じて新たなサポートの道を開くことができます。

・視点の違い

担任の先生との関係がうまくいかない原因は様々です。

教育スタイルやコミュニケーションの方法、理解度の差などが挙げられます。

他の先生に相談することで、新たな視点やアイデアを得ることができます。

具体的なアプローチ方法は以下の通りです。

  • 学校の相談窓口を利用する。
  • 他の先生や教育関係者と面談する。
  • 学校の専門職(カウンセラーや教育相談員など)に相談する。

相談する際には、具体的な状況や問題点を説明し、自分の要望や期待を伝えましょう。

2.子供が不登校になった時学校の先生と話し合うべき内容を解説

子供が不登校になった際、学校の先生との話し合いは重要な一歩です。

この章では、学校の先生と話し合うべき内容について解説します。

2-1.出欠の連絡について話し合う

子供が不登校になった場合、学校とのコミュニケーションを円滑にするために、出欠の連絡について話し合うことが重要です。

以下に、具体的な話し合いのポイントを紹介します。

・連絡手段や頻度の確認

学校との連絡には、電話、メール、オンラインプラットフォームなど様々な手段があります。

どの方法を使うか、また連絡の頻度を決めましょう。

学校側も、迅速な返信や情報提供ができるように体制を整える必要があります。

・出席状況の報告方法

子供の出席状況を適切に報告するための方法を話し合いましょう。

例えば、メールで毎日報告する、週ごとに報告するなど、効率的で確実な方法を選びます。

学校側も、報告を受け取った後に確認やフィードバックを行う体制を整えることが重要です。

・学校からの情報提供方法

学校側からの重要な情報(予定変更、学校行事、学習教材の配布など)を受け取るための方法を話し合いましょう。

子供が不在の場合でも、保護者が情報にアクセスできるようにすることが大切です。

オンラインプラットフォームやメールなど、適切な手段を選びます。

以上の話し合いを通じて、学校との連携を円滑にし、子供の不在期間中でも重要な情報を共有することができます。

2-2.学用品やプリントの受け取りについて話し合う

子供が不登校になった場合、学用品やプリントの受け取り方法について話し合うことは重要です。

以下に、具体的な話し合いの内容を示します。

・学用品の配布や返却の手続き

学校から提供される学用品(教科書、ノート、文房具など)の受け取り方法やスケジュールを確認しましょう。

例えば、学校での受け渡しや郵送など、最適な方法を選びます。

学校側との協力関係を築きながら、必要な学用品を子供が受け取れるようにします。

・プリントの受け取り方法や提出期限

学校で配布されるプリント教材や課題の受け取り方法について話し合いましょう。

オンラインでのアクセスや郵送など、柔軟な受け取り方法を検討します。

提出期限についても話し合い、子供が不在の場合の延長措置や提出方法の調整を行います。

以上の話し合いを通じて、子供の学習に必要な学用品やプリントの受け渡しを円滑に行い、学校との連携を強化します。

2-3.給食費や教材費、PTA会費の支払いについて話し合う

子供が不登校になった場合、給食費や教材費、PTA会費などの支払いについて話し合うことは重要です。

学校の給食費や教材費の支払い方法について、子供が不在の場合にどのように調整するかを話し合いましょう。

例えば、いつから支払いを停止させるのか、どの教材を購入するのかなどを検討します。

PTA会費も不要であれば支払わないという選択肢もあります。

話し合いを通じて、給食費や教材費、PTA会費の支払いの確認を行います。

子供の不在期間中の経済的な負担を軽減し、学校との協力関係を維持することが重要です。

相互理解を深めながら、柔軟な対応策を見つけるために、学校とのコミュニケーションを積極的に行いましょう。

不登校になった時の学校との付き合いについてのまとめ

不登校になった時の学校との付き合い方のポイントは以下の3つになります。

  • 子供が不登校になった場合、学校との信頼関係を築くことが重要です。
  • 自分の要望をはっきりと伝えることで、子供の学習環境やサポートの必要性を説明します。
  • 担任の先生との信頼関係が築けない場合は、他の先生に相談することも検討しましょう。

学校の先生との話し合いでは、出欠の連絡や学用品・プリントの受け取り方法についても話し合いましょう。

給食費や教材費、PTA会費の支払いについても話し合いが必要です

子供が不登校になった時、学校との協力関係を築くことで子供の学習環境をサポートし、問題の解決に取り組みます。

よく見られている関連記事

不登校のPTAの退会についての記事はこちら

不登校のPTA会費についての記事はこちら

不登校の給食費についての記事はこちら

不登校の学校への連絡についての記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました