当サイトは広告を利用しています。

不登校の保健室登校のメリットとは?どんな対応してもらえる?

不登校の保健室登校

不登校の中で、保健室登校は一つの選択肢として注目されていますが、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

この記事では、不登校の生徒が保健室を利用して学校に登校することの意義や効果、そしてその実際の方法について詳しく解説します。

こちらの記事は多くの人に読まれています!

>>不登校だった子供がわずか3週間で学校に行く気になった方法!

子供の不登校で悩んでいる親の方はこの記事だけは絶対に読んだ方がいいです。

1.不登校の保健室登校のメリット

不登校の保健室登校のメリットは3つあります。

  • 出席日数を稼げる
  • 学校に通うリズムを作れる
  • 子供と学校が接点を持ち続けることができる

1-1.出席日数を稼げる

保健室登校による出席日数の稼ぎは、不登校生徒にとって重要なメリットです。

出席日数を稼ぐことで受験の時の内申点を稼ぐことができます。

保健室登校の出席日数稼ぎは、学習遅れの心配を軽減し、生徒の自信や学習意欲を高める一助となります。

保健室登校では、学校の時間割に縛られず、生徒の体調や気持ちに合わせたスケジュールを立てることができます。

これにより、生徒が最も学習に集中できるタイミングで勉強することができます。

1-2.学校に通うリズムを作れる

保健室登校は、不登校生徒が学校に通うリズムを作る上で有益なメリットがあります。

以下に、そのポイントを紹介します。

・日常のルーティン確立

保健室登校により、生徒は定期的に学校に通う必要が生じます。

このルーティンを継続することで、生徒は規則正しい生活リズムを確立し、自律性や責任感を養うことができます。

・社会的スキルの向上

学校に通うことで、生徒は他の生徒や教師との交流が生まれます。

友人との関係構築やグループ活動への参加など、社会的スキルの向上が期待できます。

また、教師や学校のスタッフとのコミュニケーションも生徒の成長に寄与します。

学校に通うリズムを作ることは、不登校からの復帰において重要なステップです。

1-3.子供と学校が接点を持ち続けることができる

不登校の生徒が保健室登校を選ぶ最大のメリットは、子供と学校が接点を持ち続けることができることです。

以下に、その重要性と具体的な利点を説明します。

・教育環境の継続

保健室登校により、生徒は学校とのつながりを保つことができます。

学校での学習や教育環境を一部利用しながら、自宅や保健室での学習を行うことができます。

これにより、学校からのサポートやリソースを活用しながら、不登校期間中も学習を継続することができます。

・サポート体制の活用

学校では、保健室やカウンセリングサービスなど、生徒のサポート体制が整っています。

保健室登校により、生徒は必要なときに保健室のサポートを受けることができます。

心理的な問題や学習の困難など、個々のニーズに合わせたサポートを受けながら、不登校の克服に向けて進めます。

2.不登校の保健室登校のデメリット

不登校の生徒が保健室登校を選ぶデメリットは2つあります。

  • 保健室登校できても教室に戻れるとは限らない
  • 人の目を気にしてしまう

2-1.保健室登校できても教室に戻れるとは限らない

不登校だった子供が保健室登校ができても、教室に戻ることが簡単にはできない場合があります。

以下に、そのデメリットの要点を説明します。

・学習遅れの可能性

保健室登校では、教室での授業に参加することが難しい場合があります。

その結果、学習の遅れが生じる可能性があります。

教科ごとの学習カリキュラムに合わせて個別のサポートが必要になる場合もあります。

・友人関係の欠如

保健室登校では、他の生徒との交流やグループ活動に参加する機会が制限されることがあります。

これにより、友人関係や学校コミュニティへの参加が難しくなる可能性があります。

具体的な例として、保健室登校では、一部の教科や活動に参加することができるかもしれませんが、全ての授業に参加することは難しい場合があります。

また、クラスメートとの連携や学校行事への参加も制限されるかもしれません。

2-2.人の目を気にしてしまう

不登校の人が保健室登校を選ぶ際のデメリットの一つは、他の人からの目を気にすることです。

以下に、そのデメリットに関する要点を説明します。

・注目や評価への不安

保健室登校により、他の生徒や教師の注目を浴びることが増える場合があります。

これにより、自己意識が高まり、評価や批判への不安を感じることがあります。

特に、保健室登校が他の生徒からは異質な存在として見られる場合には、不安や緊張が増すかもしれません。

・学校生活への適応困難

保健室登校により、教室に戻るまでの期間が延びる場合があります。

その間、他の生徒たちは通常の学校生活を送っていることが多いため、学校に復帰する際に適応困難を感じることがあります。

社交的なプレッシャーや新たな友人関係の構築に苦労する可能性があります。

・自己肯定感の低下

他の人からの注目や評価への不安が続くと、自己肯定感が低下する場合があります。

保健室登校によって生じる状況や周囲の反応に対して、自分自身を責めたり、自信を失ったりすることがあります。

具体的な例として、保健室登校の生徒は、クラスメートと比較されたり、なぜ保健室にいるのか尋ねられたりすることがあります。

3.不登校で保健室登校をするとどんな対応をしてくれるのか?

不登校の子供が保健室登校を選んだ場合、学校はどのような対応をしてくれるのでしょうか?

この章では、不登校で保健室登校をする際に期待できる対応について説明します。

3-1.教室に通わなくても出席扱いしてもらえる

保健室登校を選んだ場合でも、学校は出席扱いをしてくれることがあります。

以下に、その対応に関する要点を説明します。

・出席日数の認定

学校は保健室登校の生徒の出席日数を認定してくれます。

これにより、出席日数の面で生徒が不利益を被ることが少なくなります。

出席日数の確保は、進級や卒業などに影響する重要な要素です。

・内申書への反映

保健室登校を選んだ生徒の出席情報は、学校の内申書に反映されます。

これにより、保健室登校生徒も他の生徒と同様に出席状況が管理され、正確な記録が残されます。

3-2.養護教諭が子供の対応をしてくれる

不登校で保健室登校を選んだ場合、学校の養護教諭が子供の対応をしてくれます。

以下に、その対応に関する要点を説明します。

養護教諭は子供の身体的・心理的な健康面に関わる専門家です。

保健室登校の生徒に対して、健康状態や生活リズムのサポートを提供します。

具体的には、体調管理や食事指導、睡眠の改善、ストレス対処法などのアドバイスや支援を行います。

養護教諭は保健室登校生徒との定期的な面談を実施することがあります。

面談では、子供の健康状態や学習進捗の確認、問題の解決策の提案、次のステップの計画立てなどが行われます。

養護教諭の存在は、保健室登校生徒とその家族にとって心強い支えとなります。

不登校の保健室登校についてのまとめ

不登校の保健室登校は、不登校の子供たちにとって有益な選択肢です。

以下に、この記事で述べた重要なポイントをまとめます。

メリット:

  • 出席日数を稼げる: 保健室登校でも出席扱いしてもらえるため、学校生活の進行や進級に影響が少なくなります。
  • 学校に通うリズムを作れる: 保健室登校で日常的に学校に通うことで、学習リズムや社交的な経験を維持できます。
  • 子供と学校が接点を持ち続けることができる: 養護教諭が子供のケアや学習支援を行い、学校との連携が保たれます。

デメリット:

  • 保健室登校できても教室に戻れるとは限らない: 保健室登校の目的は一時的な対応であり、教室に戻るまでには時間や段階的な進展が必要です。
  • 人の目を気にしてしまう: 他の生徒や教職員からの目線や評価に悩まされることがあります。

よく見られている関連記事

タイトルとURLをコピーしました