当サイトは広告を利用しています。

不登校中学生の自宅学習用におすすめ通信教育教材を紹介

不登校中学生の自宅学習用におすすめ通信教育教材

不登校中の中学生の方や保護者の皆様、自宅学習でお困りではありませんか?

通信教育教材は、学校に行けない状況でも学習を続けるための有力な手段の一つです。

しかし、どの教材を選ぶべきか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこで、本記事では不登校中の中学生向けに、自宅学習におすすめの通信教育教材を紹介します。

こちらの記事は多くの人に読まれています!

>>不登校だった子供がわずか3週間で学校に行く気になった方法!

子供の不登校で悩んでいる親の方はこの記事だけは絶対に読んだ方がいいです。

1.不登校の中学生の自宅学習で使える通信教育教材の選び方

不登校の中学生が自宅学習で使える通信教育教材の選び方は以下の3つのポイントがあります。

  • 子供のレベルにあった教材を選ぶ
  • 続けやすい価格帯の教材を選ぶ
  • 出席扱いになる通信教育教材を選ぶ

1-1.子供のレベルにあった教材を選ぶ

不登校の中学生が自宅学習で使える通信教育教材を選ぶ際には、子供のレベルに合った教材を選ぶことが重要です。

学習内容が子供に合わない教材を選んでしまうと、学習意欲が下がり、結果的に自宅学習が続かなくなってしまう可能性があります。

そのため、以下の点に注目して教材を選ぶことが大切です。

学年や教科に合わせた教材を選ぶ

不登校の中学生が抱える問題によっては、学年に合わない教材を使うことがあるかもしれません。

しかし、教材のレベルが合わない場合は、無理なく理解できる内容の教材を選ぶ必要があります。

また、学習内容によっては、教科ごとに教材を選ぶことも重要です。

子供が興味を持てる教材を選ぶ

子供が興味を持てない教材を選んでしまうと、学習意欲が低下してしまうことがあります。

子供が好きなものや興味を持っていることに関連した教材を選ぶことで、自然と学習に取り組むことができるようになります。

子供の能力に合わせた教材を選ぶ

子供のレベルに合わせた教材を選ぶことが大切です。

学習内容が簡単すぎたり、難しかったりすると、子供が学習に取り組むことができなくなる可能性があります。

そのため、自宅学習で使う教材は、子供の能力に合わせたものを選ぶことが大切です。

例えば、以下のような教材があります。

  • 学校の授業をそのまま再現した教材
  • 音声や映像を用いた教材
  • 問題集形式の教材
  • テキストや参考書形式の教材

これらの教材から、子供のレベルに合ったものを選ぶことで、自宅学習の効果を最大限に引き出すことができます。

1-2.続けやすい価格帯の教材を選ぶ

不登校の中学生の自宅学習で選ぶべき通信教育教材の一つに、続けやすい価格帯の教材があります。

中学生の場合、学習に必要な教材が多くなりがちで、高価な教材を多数購入すると負担になることがあります。

そのため、継続しやすい価格帯の教材を選ぶことが重要です。

しかし、価格が安いからといって、必ずしも品質が低いとは限りません。

適切な価格帯であっても、必要な学習内容がきちんとカバーされた教材を選ぶ必要があります。

また、安価であるからといって、過度にテキストや問題集に頼りすぎてしまうと、学習の質が低下する可能性があるため、バランスの良い教材選びが重要です。

具体的には、以下のようなポイントに注目して教材選びを行うことが推奨されます。

  • 同じ分野の教材を比較し、価格帯の平均値を把握する
  • 高額な教材には何が含まれているのか確認する
  • 定期的な更新やサポートが提供されるかどうかを確認する

以上のようなポイントに注目して、継続しやすい価格帯の教材を選ぶことが、自宅学習を成功させるための一つの重要なポイントです。

1-3.出席扱いになる通信教育教材を選ぶ

自宅学習中に出席扱いとなる通信教育教材を選ぶことで、正式な学校の出席日数を確保できます。

ただし、出席扱いとなる条件を満たしている教材を選ぶ必要があるので、選ぶ際には確認が必要です。

出席扱いになる教材の条件はこちらです。

  • 保護者と学校との間に十分な連携・協力関係が保たれていること
  • ICT(コンピュータやインターネット、遠隔教育システムなど)や郵送、FAXなどを活用して提供される学習活動であること
  • 訪問等による対面指導が適切に行われることを前提とすること
  • 学習の理解の程度を踏まえた計画的な学習プログラムであること
  • 校長は対面指導や学習活動の状況等について、十分に把握すること
  • 基本的に学校外の公的機関や民間施設において相談・指導を受けられないような場合に行う学習活動であること。
  • 学習の計画や内容がその学校の教育課程に照らし適切と判断される場合であること

引用:文部科学省「不登校児童生徒への支援の在り方について(通知)」

分かりやすく言うと

  • 出席扱いになる通信教育教材を使う
  • 学校の許可をもらう

ということをすれば、自宅学習でも出席扱いしてもらうことができます。

そんな出席扱いになる通信教育教材を紹介していきます。

2.不登校の中学生の自宅学習向けの通信教育教材①「すらら」

すららは、小学生や中学生、高校生向けに提供されている、無学年方式の通信教育です。

学年に縛られずに自分のペースで学習が進められるため、勉強が苦手な子どもや不登校の子どもにも適しています。

また、AIを活用したさかのぼり学習により、基礎から学び直すことができ、質問機能や経験豊富なコーチによるサポートも充実しています。

不登校に理解のあるコーチが多数在籍し、保護者へのサポートも充実しているため、親子ともに安心して利用できます。

また、出席認定制度にも対応しているため、自宅学習が出席扱いとなります。

月額料金は、3教科コース/4教科コースが税込8,800円で、5教科コースが税込10,978円です。

入会金は、税込7,700円(5教科)・税込11,000円(3教科、4教科)です。

3.不登校の中学生の自宅学習向けの通信教育教材②「サブスタ」

サブスタは、不登校の子供たちが出席扱い認定制度を利用できる通信教育サービスです。

プロの学習アドバイザーが1人1人に合わせた学習計画表を作成してくれます。

計画は月に1度見直し、遠回りな勉強をすることなく効率的に学べます。

有名予備校の講師の映像授業が見放題で、授業についていけない劣等感を払拭できます。

小学1年生から中学3年生までの全教科が学べ、つまづいた問題は赤ペンと音声で解説してもらえます。

文部科学省が定める出席扱い要件を満たしているため、安心して利用できます。

4.不登校の中学生の自宅学習向けの通信教育教材③「スマイルゼミ」

スマイルゼミは、9教科(国・数・英・理・社・音楽・美術・保健体育・技術家庭)に対応し、内申点で重視される実技4教科まで対応しています。

タブレットを使った一人ひとり専用の“個別指導方式”で学習し、学習内容に応じたカリキュラムを自動で作成します。

特進クラスもあり、高校受験を見据えた応用問題や難問を中心とした講座に取り組むことができます。

スマイルゼミのおすすめのタイプは、9教科を学びたい、自分に合った学習設計を立ててほしい、応用問題や受験対策に取り組みたいという人です。

月額料金は、中1(標準)税込7,480円~(特進)税込14,080円~、中2(標準)税込8,580円~(特進)税込15,180円~、中3(標準)税込9,680円~(特進)税込16,280円~で、タブレット代が税込10,978円です。

5.不登校の中学生の自宅学習向けの通信教育教材④「スタディサプリ」

スタディサプリは、月額2,000円程度というリーズナブルな料金が魅力的な通信教育です。

有名なプロ講師による5分の神授業が見放題で、定期テストや受験対策もしっかりカバーしています。

さらに、ミッション機能や定期的な学習報告メールにより、子供の学習状況を保護者が把握しやすく、フォローも手厚く、安心して利用できると評判です。

小1から高3までのさかのぼり・先取り学習も可能で、個別指導コースもあるため、学習スタイルに合わせて選べます。

効率的に学びたい人や定期テストや受験対策をしたい人におすすめです。

不登校中学生の自宅学習用におすすめ通信教育教材のまとめ

このページは、不登校中の中学生のための自宅学習用におすすめの通信教育教材を紹介しています。

以下に、このページの重要なポイントをまとめます。

  • 不登校中の中学生には、自宅学習用の通信教育が適しています。
  • 通信教育教材には、一人ひとりの進度に合わせて学習が進められるメリットがあります。
  • おすすめの通信教育教材には、大手予備校が提供するものや、専門的な科目に特化したものがあります。
  • 大手予備校が提供する通信教育教材には、講師とのオンライン授業があるものや、受講者同士のコミュニケーションができるものがあります。
  • 専門的な科目に特化した通信教育教材には、英語や数学などの科目に特化したものがあります。

以上が、このページの重要なポイントです。

不登校中の中学生が、通信教育を活用して自宅学習を行う際には、自分に合った教材を選ぶことが重要です。

よく見られている関連記事

中学生男子の不登校の原因についての記事はこちら

中学生女子の不登校の理由についての記事はこちら

中学生の不登校はヤバいのかについての記事はこちら

不登校中学生の習い事についての記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました