当サイトは広告を利用しています。

不登校の人でも向いている仕事を紹介

不登校の人でも向いている仕事

不登校経験者や関係者は、不登校の人に向いた仕事の存在について頭を悩ませることがあります。

多くの人が不登校の人に対して「社会でやっていけるのか?」と疑問を抱く中で、実は彼らには素晴らしい才能や可能性が秘められているのです。

この記事では、不登校に向いている仕事を紹介します。

こちらの記事は多くの人に読まれています!

>>不登校だった子供がわずか3週間で学校に行く気になった方法!

子供の不登校で悩んでいる親の方はこの記事だけは絶対に読んだ方がいいです。

1.不登校に向いている仕事の特徴を解説

不登校の人に向いている仕事の特徴は以下の2つになります。

  • 在宅ワークできる仕事
  • 学歴があまり重視されない仕事

1-1.在宅ワークできる仕事

不登校に向いている仕事は在宅ワークでできる仕事になります。

以下に、在宅ワークが不登校の人におすすめな理由を解説します。

・柔軟な働き方

在宅ワークは時間や場所に縛られずに仕事ができるため、不登校の人の生活リズムやペースに合わせて働くことができます。

朝型や夜型の人、疲れや集中力の変動がある人にとっても最適です。

・自宅での安心感

不登校の人にとって、学校や社会での外部刺激やストレスは大きな負担となる場合があります。

在宅ワークなら自宅で仕事ができるため、安心感を持って取り組むことができます。

・自己管理力の向上

在宅ワークは自己管理が求められます。

不登校の人が自己責任を持ちながら仕事を進めることで、時間管理や課題の設定、自己成長の意識を高めることができます。

創造性や自己表現の場: 在宅ワークは多様な分野があり、デザイン、プログラミング、ライティングなどの創造性や自己表現を活かせる仕事があります。

不登校の人が持つ独自の視点や才能を生かすことができます。

1-2.学歴があまり重視されない仕事

不登校に向いている仕事は、学歴があまり重視されない仕事です。

以下に、学歴があまり重視されない仕事が不登校の人におすすめな理由を解説します。

・実力や経験重視の採用

学歴があまり重視されない仕事では、個人の実力や経験が重視されます。

不登校の人が自己学習や実践を通じて身につけたスキルや知識を活かすチャンスがあります。

・ポートフォリオや実績の重要性

学歴があまり重視されない仕事では、実績やポートフォリオが重要な評価基準となります。

不登校の人が自己学習や個人プロジェクトを通じて作品や成果物を積み重ね、自身の実績を示すことで信頼性を高めることができます。

・自己成長やスキルアップの機会

学歴があまり重視されない仕事では、自己成長やスキルアップの機会が豊富です。

自主的な学習や実践を通じてスキルを磨き、専門知識や技術を高めることができます。

2.不登校に向いている具体的な仕事を紹介

不登校の人に向いている具体的な仕事を5つ紹介紹介します。

  • WEBライター
  • プログラマー
  • イラストレーター
  • WEBデザイナー
  • 動画編集者

2-1.不登校に向いている仕事1:WEBライター

不登校に向いている仕事の1つ目は、WEBライターです。

以下に、WEBライターの特徴や魅力を紹介します。

・文章力を活かせる

WEBライターはインターネット上で記事やコンテンツを執筆する仕事です。

文章力や表現力が求められるため、不登校の人が持つ独自の視点や感性を発揮するチャンスです。

・在宅ワークで自由な働き方

WEBライターは自宅やカフェなど、場所を選ばずに仕事ができます。

不登校の人にとっては学校に通わずに働くことができるメリットがあります。

・豊富なジャンルやテーマ

ウェブ上の様々な分野での記事執筆が求められるため、興味のあるテーマや得意なジャンルで働くことができます。

例えば、テクノロジー、ライフスタイル、エンターテイメントなど幅広い分野があります。

・クライアントや企業との協力

WEBライターはフリーランスとして働くこともありますが、クライアントや企業との協力プロジェクトに参加することもあります。

そこでコミュニケーション能力やプロジェクト管理能力を磨くこともできます。

具体的な仕事例としては、ウェブ記事の執筆、ブログの更新、商品説明文の作成、SNSのコンテンツ制作などが挙げられます。

自己表現や情報発信が好きな不登校の人にとって、自分のスキルを活かせるやりがいのある仕事となるでしょう。

2-2.不登校に向いている仕事2:プログラマー

不登校に向いている仕事の2つ目はプログラマーです。

以下に、プログラマーの特徴や魅力を紹介します。

・論理的思考や問題解決能力を活かせる

プログラミングは論理的思考や問題解決能力が求められる仕事です。

不登校の人は自主学習や独自の学習スタイルを通じて、論理的思考力を育んできたことがあります。

・創造性を発揮できる

プログラミングにはコーディングやアルゴリズムの設計など、創造性を発揮する要素があります。

不登校の人は独自のアイデアや視点を持っており、自由な発想でプログラミングに取り組むことができます。

・高い需要と将来性

プログラマーの需要は現代社会で急速に拡大しており、将来性が高い職業です。

IT業界やソフトウェア開発企業など、様々な分野で活躍することができます。

・在宅ワークやフリーランスの選択肢がある

プログラマーは在宅ワークやフリーランスとして働くことも可能です。

不登校の人が学校に行かずに自宅で仕事をすることができる柔軟な働き方ができます。

具体的なプログラミングの分野としては、ウェブ開発、モバイルアプリ開発、データベース管理などがあります。

また、プログラミング言語やフレームワークに特化したスキルを身につけることも重要です。

2-3.不登校に向いている仕事3:イラストレーター

不登校に向いている仕事の3つ目はイラストレーターです。

以下に、イラストレーターの特徴や魅力を紹介します。

・創造性や表現力を発揮できる

イラストレーターは絵やグラフィックを通じてメッセージやストーリーを表現する仕事です。

不登校の人は独自の感性や創造力を活かし、独自のイラストスタイルを追求することができます。

・視覚的な才能が求められる

イラストレーターはビジュアル的な要素を重視する仕事です。

不登校の人が持つ視覚的な感性やセンスを活かして、魅力的なイラストやデザインを制作することができます。

・多様なクライアントや分野での活躍

イラストレーターは広告、出版、マーケティング、ウェブデザインなど、様々な分野で活躍することができます。

自分の興味や得意な分野で仕事を選ぶことができます。

・自由な働き方が可能

イラストレーターはフリーランスとして働くことも多く、自宅や自分のスタジオで自由な働き方ができます。

不登校の人が学校に行かずに、自分の創作活動に集中することができるメリットがあります。

具体的な仕事例としては、書籍の挿絵、キャラクターデザイン、広告のイラスト、ウェブコンテンツのグラフィック制作などが挙げられます。

イラストレーターは独自のスタイルやアイデアを追求しながら、自己表現の場を広げることができる仕事です。

2-4.不登校に向いている仕事4:WEBデザイナー

不登校に向いている仕事の4つ目はWEBデザイナーです。

以下に、WEBデザイナーの特徴や魅力を紹介します。

・クリエイティブなデザイン能力を発揮できる

WEBデザイナーはウェブサイトやモバイルアプリのデザインを担当します。

不登校の人が持つ独自の感性やアートセンスを活かし、ユーザーに魅力的な視覚体験を提供するデザインを作成することができます。

・技術とデザインの融合が求められる

WEBデザイナーはデザインのみならず、HTML、CSS、JavaScriptなどの基礎的なウェブ技術の知識も必要です。

不登校の人が自己学習やオンラインコースを通じてこれらのスキルを習得することで、総合的な能力を持ったWEBデザイナーとして活躍できます。

・様々な業界やプロジェクトでの仕事が可能

WEBデザイナーは企業のウェブサイト、ECサイト、ブログ、ランディングページなど、多様なプロジェクトでデザインを手掛けることができます。

自分の興味や特長に合った業界やプロジェクトに関わることができるのも魅力です。

・自由な働き方やクリエイティブなチームワーク

WEBデザイナーはフリーランスとして独立したり、デザインスタジオやウェブエージェンシーなどのチームで働くことができます。

自宅やカフェなどでリモートワークを行うことも可能であり、自由度の高い働き方ができます。

WEBデザイナーの具体的な仕事内容としては、ワイヤーフレームの作成、UI/UXデザイン、グラフィックデザインなどがあります。

また、デザインツールの使い方や最新のウェブトレンドにも習熟することが重要です。

2-5.不登校に向いている仕事5:動画編集者

不登校に向いている仕事の5つ目は動画編集者です。

以下に、動画編集者の特徴や魅力を紹介します。

・創造性とストーリーテリングの能力を発揮できる

動画編集者は映像素材を組み合わせて魅力的なストーリーやメッセージを作り上げる仕事です。

不登校の人は創造力や独自の視点を活かし、映像を編集して独自の表現を生み出すことができます。

・ビジュアルや音響への感度が求められる

動画編集者は映像のカット編集や色調補正、音声の編集などを行います。

不登校の人が持つビジュアルや音響への感度を活かして、映像作品のクオリティを向上させることができます。

・様々なジャンルや用途の動画制作が可能

動画編集者は広告、映画、テレビ番組、YouTubeなど、幅広いジャンルや用途の動画制作に携わることができます。

自分の興味や得意分野に合わせて仕事を選ぶことができます。

・自宅や専用スタジオでの働き方が可能

動画編集者は自宅や専用スタジオで作業を行うことが一般的です。

不登校の人は学校に通わずに、自分の創作活動や編集作業に集中することができます。

具体的な仕事例としては、広告の映像編集、映画やドラマの編集、YouTubeチャンネルの編集、イベントのハイライト映像制作などが挙げられます。

動画編集ソフト(Adobe Premiere Pro、Final Cut Proなど)の使い方や映像編集の基礎知識を学ぶことが重要です。

不登校に向いている仕事のまとめ

不登校に向いている仕事には、在宅ワークが可能な仕事と学歴があまり重視されない仕事があります。

具体的なおすすめの仕事として、WEBライター、プログラマー、イラストレーター、WEBデザイナー、動画編集者が挙げられます。

これらの仕事は創造力や技術力を活かし、自己学習やオンラインコースを通じてスキルを磨くことができます。

よく見られている関連記事

不登校で勉強しない人の将来についての記事はこちら

小学生の不登校のその後についての記事はこちら

不登校の子供が勉強しないについての記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました