当サイトは広告を利用しています。

不登校だと内申点はどうなる?内申点を上げる方法は?

不登校だと内申点

内申点は進学や将来の選択肢に大きな影響を与えるため、不登校による影響は気になるところでしょう。

この記事では、不登校の影響が内申点に与える可能性や、内申点を上げる方法について詳しく説明しています。

こちらの記事は多くの人に読まれています!

>>不登校だった子供がわずか3週間で学校に行く気になった方法!

子供の不登校で悩んでいる親の方はこの記事だけは絶対に読んだ方がいいです。

1.不登校だと内申点はどうなるのか解説

不登校の影響が内申点に与える具体的な結果やその背景について、さらに探っていきましょう。

不登校の場合、内申点が低いもしくは内申点がつかないことが多い理由は何なのでしょうか?

この章では、その理由や関連する要素について詳しく解説します。

1-1.内申点とは

内申点とは、日本の学校教育において、学生の学力や態度、様々な面に対する総合的な評価の指標です。

内申点は、中学校や高校での成績や態度、出席状況、生徒の個別の特性などを総合的に評価して算出されます。

この評価は、進学や就職、奨学金の申請など、将来の選択肢に大きな影響を与える重要な要素です。

内申点は通常、定期試験の成績や出席率、授業態度、課外活動の参加などの項目から算出されます。

各学校や教育委員会によって算出方法は異なる場合もありますが、学力や態度の総合的な評価を示すものです。

具体例としては、定期試験の点数や出席状況、授業参加度、宿題の提出状況、クラブ活動や委員会活動の参加、態度や振る舞いなどが評価される要素となります。

1-2.不登校の場合、内申点が低いもしくは内申点がつかないことが多い

不登校の場合、内申点が低くなるか、または内申点がつかないことが多いという現象が見られます。

これは、以下のような理由によるものです。

・学習機会の減少

学校に不登校となると、授業や学習の機会が減ります。

不登校期間中に教科書やカリキュラムに触れる機会が少なくなるため、学習内容の習得が遅れる可能性があります。

・定期試験の成績不振

定期試験は内申点の算出に重要な要素です。

不登校により、試験勉強や復習の機会が制限され、成績が低下することがあります。

・出席率や授業態度の低下

不登校によって出席率が低くなったり、授業態度が評価されなかったりすることもあります。

これらの要素は内申点の算出に影響を与えます。

・課外活動の不参加

不登校により、課外活動への参加が制限されることがあります。

学校の活動やクラブ活動、委員会活動などは内申点に反映されることがありますので、不登校によって評価を受けられない場合があります。

・態度や振る舞いの影響

不登校の理由や状況によっては、態度や振る舞いにも影響が出ることがあります。

学校において適切な態度を保つことが求められますが、不登校によって態度が評価されない場合もあります。

不登校の影響により、内申点が低くなるかつかないことが多いですが、一定の期間内に不登校の問題を解決し、学習状況や態度の改善に取り組むことで内申点を回復させることも可能です。

2.不登校でも内申点を上げる方法を解説

不登校でも内申点を上げる方法を以下の6つの方法があります。

  • 保健室登校やフリースクールなどで出席日数を増やして内申点を上げる
  • 定期テストを受ける(保健室受験や別室受験という方法もある)
  • テストでいい点を取って内申点を上げる
  • 英検や漢検などの資格を取って内申点を上げる
  • 登校した時には授業態度を気を付ける
  • 内申点の付け方は学校や先生によって変わるので、内申点を上げるにはどうすればいいか聞く

2-1.保健室登校やフリースクールなどで出席日数を増やして内申点を上げる

不登校でも内申点を向上させるためには、出席日数を増やすことが重要です。

以下に、出席日数を増やす方法をいくつかご紹介します。

保健室登校

不登校生徒向けの保健室登校制度がある場合、保健室で学習を進めながら出席日数を確保することができます。

学校に相談し、保健室登校の許可や条件を確認してみましょう。

フリースクール

フリースクールは不登校や学校に馴染めない生徒のために提供される教育機関です。

フリースクールに通うことで、出席日数を確保しながら学習を進めることができます。

補習授業や個別指導

学校の授業を補完するために、補習授業や個別指導を受けることも有効です。

学習内容を追いつくことができ、出席日数も確保することができます。

これらの方法を活用することで、不登校期間中でも出席日数を増やし、内申点の向上につなげることができます。

しかし、学校や教育委員会の方針や制度によっては異なる場合があるため、まずは学校との相談やアドバイスを受けることが重要です。

2-2.定期テストを受ける(保健室受験や別室受験という方法もある)

不登校でも内申点を向上させるためには、定期テストの受験が重要です。

以下に、定期テストを受ける方法やポイントをいくつかご紹介します。

保健室受験

不登校生徒向けに保健室での受験が認められている場合があります。

学校に相談し、保健室での受験の許可や手続き方法を確認してみましょう。

保健室での受験によって、試験の雰囲気に慣れることができます。

別室受験

学校によっては、不登校生徒に対して別室での受験を認めている場合もあります。

集団の中で受験することが難しい場合や、集中力を保つために別室で受験することで成績を上げることができます。

定期テストの成績は内申点に大きな影響を与えるため、不登校期間中でも積極的に受験に臨みましょう。

2-3.テストでいい点を取って内申点を上げる

不登校期間中でも、テストで良い点を取ることで内申点を向上させることができます。

以下に、テストで良い成績を取るための方法をいくつかご紹介します。

予習と復習

テスト前には事前の予習と復習が重要です。

学校の教科書や参考書を使い、授業の内容をしっかりと理解しましょう。

予習を行うことで授業についていきやすくなり、復習を行うことで学習内容の定着を図ることができます。

ノートの作成

テスト範囲に沿ったノートを作成しましょう。

重要なポイントや公式、解き方などを整理してまとめることで、復習に役立ちます。

視覚的に整理されたノートは理解を深める上でも有効です。

集中力の向上

テスト勉強の効果を高めるためには、集中力を高めることも重要です。

勉強環境を整え、集中できる場所や時間帯を選びましょう。

また、適度な休憩を取りながら効果的な学習を行うことも大切です。

テストで高得点を取るためには、計画的な学習と効果的な対策が欠かせません。

不登校期間中でも、自分のペースで学習を進めながらテストに臨みましょう。

また、テスト結果を振り返り、次回に生かすことで成績の向上につなげることができます。

2-4.英検や漢検などの資格を取って内申点を上げる

不登校期間中に、英検や漢検などの資格を取得することは内申点向上に役立ちます。

これらの資格は学校内での評価や進学先での評価にも影響を与えることがあります。

以下に、資格取得のメリットをご紹介します。

・内申点への加点

英検や漢検の合格は、内申点の加点要素となることがあります。

一定のレベル以上の資格取得により、内申点が上がることで進学の競争力を高めることができます。

・語学力の証明

英検などの資格取得は、語学力の証明となります。

進学や就職活動において、語学力は重要な要素となるため、資格取得は自己アピールの一つとなります。

例えば、英検の場合、各級ごとにレベルが分かれており、初級から上級まで取得することができます。

漢検も同様に級が存在し、漢字の読みや書きをテストします。

これらの資格取得は自己学習でも可能ですが、教材や講座を利用することで効果的な学習が期待できます。

資格取得は不登校期間中に取り組める有益な方法の一つです。

自身の興味や将来の目標に合わせて資格を選び、計画的に取得に向けて努力しましょう。

2-5.登校した時には授業態度を気を付ける

不登校の期間があっても、登校した際には授業態度に注意を払うことが重要です。

授業態度は内申点に直結する要素の一つであり、積極的かつ真剣に授業に取り組む姿勢が評価されます。

以下に、授業態度を向上させるためのポイントをご紹介します。

・積極的な参加

積極的に授業に参加し、質問や意見を積極的に発言しましょう。

先生やクラスメートとのコミュニケーションを大切にし、授業の内容に主体的に関わりましょう。

・聴講の徹底

授業中は集中力を高め、先生の話に注意深く耳を傾けましょう。

授業内容や指示を正確に把握し、ノートを取ることで後で復習しやすくなります。

授業態度は内申点に直結するだけでなく、学習意欲や人間性を表す重要な要素です。

不登校期間を過ごす中で、登校した際には授業態度にしっかりと意識を向け、積極的に学びに取り組むことが大切です。

2-6.内申点の付け方は学校や先生によって変わるので、内申点を上げるにはどうすればいいか聞く

内申点の付け方は学校や先生によって異なる場合があります。

したがって、内申点を上げるためにはまず、自分の学校や先生がどのような基準で評価しているかを理解する必要があります。

具体的な方法や評価項目を把握することで、効果的な取り組みができます。

以下は、内申点を上げるために学校や先生に聞くべきポイントの例です。

・評価基準の確認

内申点の付け方や評価基準について、学校のガイドラインや先生から提供される情報を確認しましょう。

例えば、テスト成績、授業態度、出席日数などが内申点にどのように反映されるのかを知ることが重要です。

・特に重視される項目の把握

学校や先生が特に重視している評価項目や取り組みについて聞いてみましょう。

例えば、発表力や協調性、自己表現など、学校が重視する特別な能力や態度があるかもしれません。

・アドバイスの受け取り

学校や先生から提供されるアドバイスや改善点に対して、真摯に受け止めましょう。

自己反省や改善の意欲が内申点向上に繋がります。

・追加課題や補習の利用

内申点を上げるために追加の課題や補習があるかどうかを確認し、積極的に取り組みましょう。

例えば、特定の科目の補習授業や自主学習プログラムを活用することができます。

学校や先生に直接相談して内申点の付け方や評価基準を確認することは、効果的な内申点向上の手段です。

自身の学校や先生の方針に沿った努力を行い、内申点を最大限に高めることが目標です。

不登校の内申点についてのまとめ

不登校の場合、内申点は低くなる傾向があります。

不登校により出席日数や学習環境が制限され、評価の対象となる要素が不足するためです。

内申点は学校や先生によって付け方が異なるため、まずは自分の学校や先生の評価基準を把握することが重要です。

内申点を上げるためには、以下の方法が有効です:

  • 保健室登校やフリースクールなどで出席日数を増やす。
  • 定期テストを受ける(保健室受験や別室受験などの方法もあり)。
  • テストで高得点を取るために努力する。
  • 英検や漢検などの資格を取得する。
  • 登校した際には授業態度に注意し、積極的に参加する。
  • 内申点の付け方について学校や先生に相談し、アドバイスを受ける。

内申点は進学や就職に影響する重要な要素です。

不登校の影響を最小限に抑え、内申点を向上させるためには、自己努力と学校とのコミュニケーションが不可欠です。

自身の状況を理解し、上記の方法を組み合わせて取り組むことで、内申点の向上に向けた一歩を踏み出しましょう。

よく見られている関連記事

タイトルとURLをコピーしました