当サイトは広告を利用しています。

不登校の勉強に問題集を使うメリットデメリットは?おすすめは?

不登校の勉強に問題集

不登校の生徒やその保護者の方々にとって、勉強の取り組み方は重要なテーマです。

特に、不登校の生徒が自宅で効果的な勉強をするために問題集を使うことは有益な方法とされています。

しかし、問題集の利用にはメリットだけでなくデメリットも存在します。

この記事では「不登校の勉強に問題集を使うメリットデメリット」に焦点を当て、その効果や注意点を解説していきます。

こちらの記事は多くの人に読まれています!

>>不登校だった子供がわずか3週間で学校に行く気になった方法!

子供の不登校で悩んでいる親の方はこの記事だけは絶対に読んだ方がいいです。

1.不登校の子供が問題集で勉強するメリット

不登校の子供が問題集で勉強するメリットは2つあります。

  • 自宅で自分のペースで勉強できる
  • 問題集の値段は安い

1-1.自宅で自分のペースで勉強できる

不登校の子供が問題集で勉強する最大のメリットの一つは、自宅で自分のペースで勉強できることです。

学校に行けない状況や社会的な圧力から解放され、自身の学習スタイルやペースに合わせて進めることができます。

具体的には以下のような点が挙げられます。

・学習時間の柔軟性

自宅で問題集を使って学習することで、時間に制約されずに学習できます。

朝型の生徒は朝早く、夜型の生徒は夜遅くに集中して勉強することができます。

・個別の学習ニーズに対応

不登校の子供は学習の遅れや特定の教科への苦手意識を抱えることがあります。

問題集を使用することで、自分の苦手な部分に重点を置いた学習を行うことができます。

・自己管理の向上

自宅での学習では、自己管理能力が養われます。

時間の使い方や目標の設定、進捗の管理などを自分自身で行うことで、責任感や自己統制力が向上します。

例えば、数学の問題集を解く場合、生徒は自分のペースで問題を解き進めることができます。

苦手な分野に時間をかけて取り組んだり、理解が早い分野をスキップしたりすることも可能です。

このように自宅で学習することで、不登校の子供は自身の学習スタイルに合わせたカスタマイズされた学習体験を享受することができるのです。

1-2.問題集の値段は安い

問題集を利用する上でのもう一つのメリットは、経済的な側面での利点です。

不登校の子供が問題集を使用することは、他の学習教材に比べて費用が比較的低いという特徴があります。

以下に、問題集の安さがもたらすメリットを具体的に説明します。

・費用対効果の高さ

問題集は通常、比較的低価格で入手できますが、その効果は大きいです。

一冊の問題集には、複数の問題が含まれており、さまざまな学習内容をカバーしています。

このため、低い価格で多くの学習素材を得ることができます。

・再利用が可能

問題集は使い捨てではありません。

一度解いた問題集でも、繰り返し利用することができます。

自己学習を継続する際にも、過去に解いた問題集を再度取り出して復習することができます。

具体的な例として、数学の問題集を購入する場合を考えてみましょう。

一冊の問題集には数十から数百以上の問題が含まれていることが一般的です。

これに対して、個別の学習教材や個別の家庭教師を利用する場合、複数の教材やセッションを必要とするため、費用が高くなる傾向があります。

問題集の安さは、不登校の子供が効果的な学習を低コストで実現するための大きなメリットとなります。

2.不登校の子供が問題集で勉強するデメリット

問題集を使った不登校の子供の勉強のデメリットは3つあります。

  • 分からないところがあったら躓きやすい
  • 自分で勉強計画を立てる必要がある
  • 自分に合った問題集を見つけるのが大変

2-1.分からないところがあったら躓きやすい

問題集を使った不登校の子供の勉強には、いくつかのデメリットが存在します。

その中でも、分からないところがあった場合に躓きやすいという点が挙げられます。

以下に、このデメリットに関する詳細を説明します。

・自己解決が難しい

問題集は通常、解答や解説が同封されていますが、自己学習の場合には先生や同級生に質問することが難しいため、分からないところを解決するのが難しくなります。

・ストレスや挫折感の増加

分からない問題に取り組む中で、生徒はストレスや挫折感を感じることがあります。

問題集だけに頼る場合、解答が分からずに行き詰まったり、自信を喪失したりする可能性があります。

・学習のスキップや漏れの発生

問題集では独学のため、生徒が自身の理解や進捗を評価する機会が限られています。

そのため、自分が苦手とする分野や不足している知識が見逃される可能性があります。

2-2.自分で勉強計画を立てる必要がある

問題集を使った不登校の子供の勉強におけるもう一つのデメリットは、自分で勉強計画を立てる必要があるという点です。

以下に、このデメリットに関する詳細な説明をします。

・時間管理の困難さ

自分で勉強計画を立てることは、時間管理のスキルを必要とします。

特に、自由なスケジュールがある不登校の子供にとっては、誘惑や散漫な時間の使い方が起こりやすくなります。

・目標設定の難しさ

自分で目標を設定し、それに向かって進んでいく必要があります。

しかし、目標の設定が難しい場合や、具体的な目標に向かって進むモチベーションが持てない場合があります。

・学習のバランス調整

自分で勉強計画を立てる際には、各科目や学習項目のバランスを考慮する必要があります。

一つの科目に偏りが生じたり、重要なトピックが見落とされたりする可能性があります。

2-3.自分に合った問題集を見つけるのが大変

不登校の子供が問題集で勉強する際のもう一つのデメリットは、自分に合った問題集を見つけるのが困難である点です。

以下に、このデメリットに関する詳細な説明を提供します。

・膨大な選択肢

問題集は数多く存在し、科目や学年、レベルなどによってさまざまな種類があります。

自分に合った問題集を選ぶには、時間と労力が必要です。

・適切な難易度の選択

問題集の難易度は幅広く、子供の学習レベルに合ったものを選ぶ必要があります。

難しすぎる問題集だと挫折感が生じ、逆に易しすぎる問題集だと学習効果が薄れる可能性があります。

・カリキュラムとの整合性

学校のカリキュラムや教科書との整合性も考慮しなければなりません。

問題集が学校で扱われている内容に合致しているか確認する必要があります。

3.不登校の子供におすすめの問題集はオンライン通信教材である理由を解説

不登校の子供におすすめの問題集として、オンライン通信教材が選ばれる理由について解説します。

この章では、子供たちがオンライン通信教材を利用することで得られるメリットに焦点を当てます。

3-1.子供にレベルに合わせて勉強できるから

オンライン通信教材が不登校の子供におすすめの理由の一つは、子供たちが自分のレベルに合わせて勉強できる点です。

以下に、この理由に関する詳細な説明を提供します。

・カリキュラムの個別化

オンライン通信教材は、子供の学習レベルや目標に応じたカリキュラムを提供します。

子供たちは自分の実力や進度に合わせて問題集を選び、自分のペースで学習を進めることができます。

・難易度の調整

オンライン通信教材は、問題の難易度を段階的に調整することができます。

子供たちは自分の能力に合った適切な難易度の問題に取り組むことで、自信を持って学習を進めることができます。

・詳細なフィードバック

オンライン通信教材では、子供たちの解答を詳細に分析し、個別のフィードバックを提供することができます。

間違った解答や理解できなかった部分について、具体的な指導や補足説明が行われるため、子供たちはより効果的な学習を行うことができます。

・学習の可視化

オンライン通信教材は、子供たちの学習進捗や成績を可視化する機能を提供します。

子供たちは自分の成績や目標達成度を確認することで、モチベーションを維持し、学習の進歩を実感することができます。

具体的な例として、オンライン通信教材は学年や科目ごとに適切なカリキュラムを用意しており、子供たちは自分の学年や目標に応じた問題集を選ぶことができます。

また、問題の難易度や解説の充実度なども考慮しながら適切な教材を選ぶことができます。

3-2.条件を満たせば出席日数を稼ぐことができる

オンライン通信教材が不登校の子供におすすめの理由の一つは、条件を満たせば出席日数を稼ぐことができる点です。

不登校の子供たちは、通常の学校に比べて出席日数が不足してしまうことがあります。

しかし、オンライン通信教材を利用することで、条件を満たせば出席日数を稼ぐことができます。

例えば、オンライン通信教材の学習ログや課題提出の記録が出席として認められる場合があります。

4.不登校の子供におすすめのオンライン通信教材

4-1.不登校の中学生の自宅学習向けの通信教育教材①「すらら」

すららは、小学生や中学生、高校生向けに提供されている、無学年方式の通信教育です。

学年に縛られずに自分のペースで学習が進められるため、勉強が苦手な子どもや不登校の子どもにも適しています。

また、AIを活用したさかのぼり学習により、基礎から学び直すことができ、質問機能や経験豊富なコーチによるサポートも充実しています。

不登校に理解のあるコーチが多数在籍し、保護者へのサポートも充実しているため、親子ともに安心して利用できます。

また、出席認定制度にも対応しているため、自宅学習が出席扱いとなります。

月額料金は、3教科コース/4教科コースが税込8,800円で、5教科コースが税込10,978円です。

入会金は、税込7,700円(5教科)・税込11,000円(3教科、4教科)です。

4-2.不登校の中学生の自宅学習向けの通信教育教材②「サブスタ」

サブスタは、不登校の子供たちが出席扱い認定制度を利用できる通信教育サービスです。

プロの学習アドバイザーが1人1人に合わせた学習計画表を作成してくれます。

計画は月に1度見直し、遠回りな勉強をすることなく効率的に学べます。

有名予備校の講師の映像授業が見放題で、授業についていけない劣等感を払拭できます。

小学1年生から中学3年生までの全教科が学べ、つまづいた問題は赤ペンと音声で解説してもらえます。

文部科学省が定める出席扱い要件を満たしているため、安心して利用できます。

4-3.不登校の中学生の自宅学習向けの通信教育教材③「スマイルゼミ」

スマイルゼミは、9教科(国・数・英・理・社・音楽・美術・保健体育・技術家庭)に対応し、内申点で重視される実技4教科まで対応しています。

タブレットを使った一人ひとり専用の“個別指導方式”で学習し、学習内容に応じたカリキュラムを自動で作成します。

特進クラスもあり、高校受験を見据えた応用問題や難問を中心とした講座に取り組むことができます。

スマイルゼミのおすすめのタイプは、9教科を学びたい、自分に合った学習設計を立ててほしい、応用問題や受験対策に取り組みたいという人です。

月額料金は、中1(標準)税込7,480円~(特進)税込14,080円~、中2(標準)税込8,580円~(特進)税込15,180円~、中3(標準)税込9,680円~(特進)税込16,280円~で、タブレット代が税込10,978円です。

4-4.不登校の中学生の自宅学習向けの通信教育教材④「スタディサプリ」

スタディサプリは、月額2,000円程度というリーズナブルな料金が魅力的な通信教育です。

有名なプロ講師による5分の神授業が見放題で、定期テストや受験対策もしっかりカバーしています。

さらに、ミッション機能や定期的な学習報告メールにより、子供の学習状況を保護者が把握しやすく、フォローも手厚く、安心して利用できると評判です。

小1から高3までのさかのぼり・先取り学習も可能で、個別指導コースもあるため、学習スタイルに合わせて選べます。

効率的に学びたい人や定期テストや受験対策をしたい人におすすめです。

不登校の勉強に問題集についてのまとめ

不登校の子供が問題集で勉強することには、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット:

  • 自宅で自分のペースで勉強できる: 自分の都合や体調に合わせて学習を進めることができます。
  • 安い: 問題集は比較的手頃な価格で入手できるため、負担を軽減することができます。
  • 自分に合った問題集を選ぶことができる: 子供の学習レベルや目標に応じて適切な問題集を選ぶことができます。
  • 必要なところに集中的に取り組める: 学校のカリキュラムに縛られることなく、自分の苦手な分野や特定の科目に集中的に取り組むことができます。

デメリット:

  • 分からないところがあったら躓きやすい: 自己学習であるため、理解できない部分についてのサポートが限られています。
  • 自分で勉強計画を立てる必要がある: 学習スケジュールや目標設定を自己管理する必要があります。
  • 自分に合った問題集を見つけるのが大変: 適切な問題集を選ぶためには、評価やレビューの情報を収集し、比較検討する必要があります。

問題集を活用する際には、メリットとデメリットを考慮しながら子供の学習スタイルやニーズに合った方法を選ぶことが重要です。

よく見られている関連記事

不登校でオンライン授業に出たくないについての記事はこちら

不登校で塾も行かないについての記事はこちら

不登校で塾には行けるについての記事はこちら

不登校で午前中の塾についての記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました