当サイトは広告を利用しています。

私立中学で不登校になったら卒業できない?留年や退学になる?

私立中学の不登校の卒業

私立中学校に通う子供が不登校になることは、親や本人にとって大きな悩みとなることでしょう。

私立中学校で不登校になると卒業ができないのではないかという不安や疑問が頭をよぎることもあるでしょう。

この記事では私立中学で不登校になった場合の卒業について詳しく解説します。

こちらの記事は多くの人に読まれています!

>>不登校だった子供がわずか3週間で学校に行く気になった方法!

子供の不登校で悩んでいる親の方はこの記事だけは絶対に読んだ方がいいです。

1.中学校で不登校になった場合の卒業できるのか?

中学校での不登校が卒業にどのような影響を及ぼすのか、その疑問を持っている方も多いでしょう。

この章では、公立中学校と私立中学校での不登校に関する違いや、卒業の可能性について詳しく探っていきます。

1-1.公立中学では不登校になっても卒業できる

公立中学では不登校になっても卒業が可能です。

中学校は義務教育の一環として位置付けられており、不登校であっても留年の心配はありません。

仮に1日も登校しなくても時期が来れば卒業できます。

1-2.私立中学の場合不登校になると退学の可能性がある

私立中学校では、不登校になると退学の可能性があることがあります。

一般的に私立中学校は公立中学校とは異なる運営方法を取っており、そのため不登校に対する厳格な方針を持っている場合があります。

以下に私立中学校での不登校に関するポイントを示します。

・学校方針の影響

私立中学校は独自の教育方針を持っています。

そのため、学校の方針によっては不登校生徒に対して退学措置を取ることがあります。

学校が厳格な方針を持っている場合、不登校が継続すると退学となる可能性があります。

・契約や規定の影響

私立中学校には契約や規定が存在し、学校と生徒・保護者間で取り交わされます。

この契約や規定には出席義務や成績基準などが含まれており、これらに違反する場合には退学処分が課されることがあります。

私立中学校での不登校には退学の可能性があることを頭に入れておく必要があります。

しかし、全ての私立中学校が同じ方針を持っているわけではないため、具体的な学校の方針やサポート体制については、学校のウェブサイトや学校関係者に問い合わせることが重要です。

2.私立中学で不登校になった時でも卒業する方法

私立中学校で不登校になった場合、学校が卒業させてくれるかどうかは学校ごとに異なります。

私立中学での不登校に対する学校の対応策としては以下の2つがあります。

  • プリントの提出や補修で出席扱いにしてもらう
  • フリースクールで単位を取得する

2-1.私立中学で不登校になった時の卒業方法1:プリントの提出や補修で出席扱いにしてもらう

私立中学校での不登校に対する学校の対応策の一つとして、プリントの提出や補修による出席扱いがあります。

具体的には以下のようなケースが考えられます。

・プリントの提出

学校が提供する教材や課題のプリントを、不登校期間中に提出することで出席扱いにしてくれる場合があります。

この方法では、学習の進捗や課題の理解度を示すことが求められることがあります。

・補修授業

不登校期間の補修授業や個別指導を受けることで、学校側が出席扱いにするケースもあります。

補修授業では、不登校による学習の遅れを取り戻す機会を提供してくれることで、出席日数の要件を満たすことができます。

・インターネットや郵送を活用

不登校期間中に教材や課題をインターネットや郵送で受け取ることで、学習の継続を支援してくれるケースもあります。

これにより、学校は出席扱いを認めることがあります。

上記のようなプリントの提出や補修による出席扱いは、私立中学校によって異なる場合があります。

具体的な方法や要件については、各学校の方針や担当教師との相談が必要です。

2-2.私立中学で不登校になった時の卒業方法2:フリースクールで単位を取得する

私立中学校での不登校に対するもう一つの対応策として、フリースクールを利用して単位を取得する方法があります。

以下にその詳細を説明します。

・フリースクールとは

フリースクールは、学校に通えない生徒や学校生活に適応できない生徒のために設立された学習支援施設です。

不登校生徒が学校の籍を残したまま通い、単位や成績を取得することができます。

・フリースクールでの学習

フリースクールでは、個別の学習計画や指導プログラムが提供されます。

生徒は自分のペースで学習し、教師やスタッフとのコミュニケーションを通じてサポートを受けることができます。

フリースクールでの学習は、不登校期間中の学習遅れの取り戻しや卒業に必要な単位の獲得に役立ちます。

・私立中学校との連携

一部の私立中学校では、フリースクールで学習した成績や単位を私立中学校に提出することで、卒業要件を満たすことができる場合があります。

この場合、生徒は私立中学校の籍を残したまま、フリースクールとの併修を行います。

ただし具体的なケースは私立中学校によって異なるため、フリースクールへの参加や学習内容、単位の承認方法については、私立中学校やフリースクールとの間での調整が必要です。

3.私立中学で不登校になって卒業できず退学となった場合の対処方法

私立中学校での不登校が深刻化し、退学という結果になってしまった場合、どのような対処方法があるのでしょうか。

この章では、私立中学で不登校により退学となった場合の対処方法について解説します。

3-1.公立中学に転校する

私立中学校での不登校が原因で退学となった場合、一つの対処方法として公立中学校への転校が考えられます。

公立中学校への転校を希望する場合、まずは転校手続きを行う必要があります。

転校手続きには、転校届の提出や必要な書類の提出などが含まれます。

公立中学校の教育委員会や学校の担当者に相談し、正確な手続きの情報を入手しましょう。

公立中学校への転校は、新たな環境での出発となります。

前向きな姿勢で新しい学校生活に取り組み、友人関係の構築や学習に努力しましょう。

この機会を活かして、自己成長や新たな可能性を見出すことができるでしょう。

3-2.別の私立中学に転校する

私立中学校での不登校が原因で退学となった場合、別の私立中学校への転校が一つの対処方法として考えられます。

以下に、別の私立中学校への転校の対処方法について詳しく解説します。

・転校先の選定

別の私立中学校への転校を希望する場合、まずは転校先の私立中学校を選定する必要があります。

自身の興味や希望に合致し、不登校の経験を理解してサポートしてくれる学校を選びましょう。

転校先の学校の教育方針やカリキュラム、サポート体制などを調査し、自身に最適な学校を見つけることが重要です。

・入学試験や面接

私立中学校への転校には、入学試験や面接が必要な場合があります。

転校先の私立中学校の入学試験や面接の日程や内容を確認し、準備を行いましょう。

不登校の経験を適切に伝えることや、自身の成長や意欲をアピールすることが重要です。

・転校手続き

転校先の私立中学校に転入するためには、転校手続きが必要です。

転校届の提出や必要書類の提出など、転校手続きにはいくつかのステップがあります。

転校先の学校の教育委員会や学校事務局に相談し、正確な手続きの情報を入手しましょう。

私立中学校の不登校の卒業についてまとめ

中学校で不登校になった場合、公立中学では不登校でも卒業が可能ですが、私立中学では退学の可能性があります。

不登校時の学校対応として、公立中学ではプリントの提出や補修で出席扱いにしてもらえるケースがあります。

また、私立中学ではフリースクールで単位を取得することができ、籍を残したまま通うことも可能です。

以上のポイントを押さえることで、私立中学での不登校に関する卒業や対処方法について理解することができます。

個々のケースによって状況が異なるため、学校に相談をしてルールや対応策の相談を行いましょう。

よく見られている関連記事

不登校でも行ける全日制高校についての記事はこちら

不登校の私立中学編入についての記事はこちら

不登校の高校受験は焦らないについての記事はこちら

タイトルとURLをコピーしました