当サイトは広告を利用しています。

神奈川県の不登校特例校まとめ!学校の場所や特徴など

神奈川県の不登校特例校

神奈川県の不登校特例校についてまとめました。

また 神奈川県にある不登校特例校にどんな特徴があるのかや場所についても解説しています。

こちらの記事は多くの人に読まれています!

>>不登校だった子供がわずか3週間で学校に行く気になった方法!

子供の不登校で悩んでいる親の方はこの記事だけは絶対に読んだ方がいいです。

【神奈川県の不登校特例校1】星槎中学校の特徴

星槎中学校の特徴についてご紹介いたします。

毎日通いたくなる学校を目標にしています。

特別なカリキュラムのもと、ゆとりを持って通うことができるようになっています。

先生方も不登校の子供達に理解があり、焦らず一人一人の個性を尊重しながら対応してもらえますよ。

教科書を使わないでプリントで授業をする方法を取り入れています。

生徒のレベルに合わせて、それぞれに合ったものを勉強させるようにしている。

不登校生徒に対し、個別指導計画を作成してそれに沿って対応していきます。

習熟度別クラス編成や体験学習等の導入もされていますよ。

授業時数をその子のレベルに合わせて増やして指導を行うようになっています。

生徒に負担になることがないですよ。

住所〒226-0016 神奈川県横浜市緑区霧が丘6丁目13
公式ホームページhttps://www.seisahighschool.ed.jp/jrh/

住所マップ

【神奈川県の不登校特例校2】星槎高等学校の特徴

星槎高等学校の特徴について紹介いたします。

平成18年4月開校されました。

文部科学省によって指定校に任命されています。

「個別の指導計画」を作成て、一人一人の特性に応じた支援を行うようにされていますよ。

このやり方は、全国のモデルになりました。

学校設定教科「星槎の時間」「SST」「労作」を設定し、社会で活躍する基礎力の養成も目指しています。

生徒1人1人の個性や興味・関心をいろんな角度から客観的に判断して的確な指導を行なっています。

その子に合わせた指導や支援をしていますよ。

授業も少人数で受けることができるようになっています。

基礎学習のほかに、自分に自信がつくように、そして個性をさらに伸ばせるように指導していきます。

学んだことは、その日のうちに確認できるようにしています。

カウンセリングも受けることができますよ。

どんな些細なことでも相談を受けることができるので、心のケアもバッチリです。

住所〒241-0801 神奈川県横浜市旭区若葉台4丁目35−1
公式ホームページhttps://www.seisahighschool.ed.jp/

住所マップ

【神奈川県の不登校特例校3】大和市立引地台中学校の特徴

大和市立引地台中学校の特徴についてご紹介いたします。

令和4年4月に開講されました。

「教養科」を教科として新しく科目を作りました。

各教科等をそれぞれ関連づけて勉強ができる学習内容や、体験的な学習を多く取り入れ、幅広い教養を身に付けることができます。

不登校生徒が将来に向けての社会的自立につなげるための資質や能力も育てています。

自分が描く夢に向かって、自分らしく輝けるようにサポートができる学校になっています。

一人一人の個性をいかし、状況に合わせて指導をしてくれます。

その子に合った方法で授業を進めていくことが可能ですよ。

この学校に入れる、対象となる生徒は大和市にお住まいで、地域の学校に登校していない、中学1年生~中学3年生までの生徒になっています。

1学年10人ぐらいになっていますよ。

少人数なので、一人一人に目が届きやすくなります。

決して焦ることなく、一人一人のペースに合わせて授業も展開されます。

登校しないでオンラインで授業も受けることが可能になっています。

生徒それぞれが、選択できるようになっていますよ。

住所〒242-0022 神奈川県大和市柳橋4丁目5050
公式ホームページhttp://www.ed2.city.yamato.kanagawa.jp/c-hiki/

住所マップ

神奈川県の周辺の不登校特例校

東京都の不登校特例校

岐阜県の不登校特例校

千葉県の不登校特例校

埼玉県の不登校特例校

不登校特例校のメリット・デメリット

タイトルとURLをコピーしました