当サイトは広告を利用しています。

不登校の復帰後すぐにまた休む!復帰で疲れたのが原因?

不登校の復帰後すぐにまた休む

不登校からの復帰は、本人にとっても周りにとっても大きな一歩ですが、その後の学校生活も続けていくことが必要です。

しかし、不登校から復帰したばかりなのに再び休むことがあるのはなぜでしょうか?

この記事では、不登校からの復帰後に再び休む理由やその解決方法について詳しく解説しています。

こちらの記事は多くの人に読まれています!

>>不登校だった子供がわずか3週間で学校に行く気になった方法!

子供の不登校で悩んでいる親の方はこの記事だけは絶対に読んだ方がいいです。

1.不登校の復帰後すぐに休んでしまう理由を紹介

不登校の復帰後すぐに休んでしまう理由は主に以下の3つとなります。

  • 不登校だった子供が学校に行くのは大きなストレスがかかるから
  • 不登校中にエネルギーを回復しきれなかったから
  • 不登校になる別の原因ができたから

1-1.不登校だった子供が学校に行くのは大きなストレスがかかるから

不登校から学校に戻ることは、子供たちにとって大きなストレスとなります。

学校という場所が、彼らにとって不快な思い出を抱える場合、そこに行くこと自体が苦痛となるためです。

たとえば、いじめや学習の遅れ、体調不良などが原因で不登校になった場合、それらの問題を解決できていない状態で学校に戻ることは、子供たちにとって大きな負担となります。

また、不登校から戻った場合、学校の授業や友達との関わり方に慣れるまで時間がかかるため、最初は良くても徐々にストレスがたまっていきます。

学校での授業や人間関係について理解できず、不安や緊張感から、復帰後に体調を崩し、休むことになるかもしれません。

1-2.不登校中にエネルギーを回復しきれなかったから

不登校期間中には、外部からのストレスを避けることができエネルギーを回復させることはできます。

しかし少しエネルギーを回復させただけで復学してしまうと、ちょっとしたストレスでまたエネルギーが0の状態に戻ってしまいます。

これが復学後に再び休学する理由になり得ます。

特に、不登校期間が長い場合、生徒は復学後に新しい学校環境に適応しようとする必要があり、新しい友達を作ったり、教師と関係を築いたりするために莫大なエネルギーを使います。

そのため、復学後に再び休学することは、疲労感が原因であることがあります。

1-3.不登校になる別の原因ができたから

不登校になる原因は一つではありません。

例えば、イジメ、家庭内の問題、学業に対するストレス、身体的な問題、友人関係など様々な要因が考えられます。

不登校から復帰した後も、これらの原因が解消されていない場合、再び不登校になることがあります。

また、不登校から復帰しても、新たな問題が発生する可能性もあります。

例えば、復帰後に友人関係に悩まされるようになったり、新しい科目についていけなくなったりすることがあります。

このような場合、子どもたちは再びストレスを感じ、不登校になる可能性があります。

以上のように、不登校になる原因が解決されなかった場合や、新たな問題が発生した場合、復帰後すぐに休んでしまうことがあります。

2.不登校から復帰した子供がまた休んでしまったときの親の対処方法を紹介

不登校から復帰した子供が、再び学校に行けなくなってしまったとき、親としてはどのように対処すればよいのでしょうか。

親がどのように接するかで、子供の気持ちも大きく変わってくるため、親として正しい対処法を知っておくことが必要です。

2-1.無理に復帰させようとしない

子供が再び休むようになった場合、親は無理に復帰させようとするのではなく、子供の状態を理解し、適切にサポートする必要があります。

以下は、そのための具体的な方法です。

話を聞く

子供が何を感じているのか、何が原因で休みたいと思っているのか、親は子供に話を聞くことが大切です。

子供が話しやすい環境を整え、話し上手でなくても、傾聴することが必要です。

告白しなくても居心地のいい場所を提供する

子供が話しにくい場合、告白しなくても居心地のいい場所を提供することが有効です。

散歩やドライブ、一緒にお茶を飲むなど、子供がリラックスできる場所を選びましょう。

学校と話し合う

学校の担任や相談員と話し合い、子供がどのようなサポートを必要としているのかを理解することが大切です。

また、学校と共同で対処策を考え、子供が学校に戻る前に復帰するための準備をすることができます。

親は子供が悩んでいることを受け止め、傾聴することで、子供が自分で問題を解決しやすい環境を整えることができます。

2-2.学校での出来事を無理に聞き出そうとしない

登校から復帰した子供がまた休んでしまった場合、親が行うべきことの一つに、学校での出来事を聞き出すことがあります。

しかし、この際には無理に聞き出すことは避けるべきです。

なぜなら、子供が学校で経験したことがトラウマとなっている場合や、まだ自分自身で理解しきれていない出来事がある場合に、無理に聞き出すことで逆効果になることがあるからです。

また、聞き出すこと自体が子供にとってプレッシャーになる場合もあります。

親が行うべき対処方法は以下の通りです。

  • 子供が話したがらない場合は、無理に聞き出さず、話す気が出たときに話すよう伝える。
  • 子供が話したいときには、相手の立場になって傾聴し、感情的な反応を避ける。
  • 子供が自分で対処できるように、解決策を見つけるためにアドバイスをすることができるが、最終的には自分で決めることができるようにする。

以上のように、親が無理に聞き出すことは避け、子供自身が話す気が出たときに話すよう促すことが大切です。

3.不登校から復帰させるときのポイント

この章では、不登校から復帰させるためのポイントについて紹介します。

  • 短い時間だけ登校する形にする。
  • 保健室登校からやってみることを勧めてみる

3-1.短い時間だけ登校する形にする

不登校から復帰させるとき、子供にとって大きなストレスとなるのは、長時間の登校に対する不安やプレッシャーです。

そのため、まずは短い時間だけ登校する形にすることが大切です。

午前中だけ登校する、午後だけ登校する、週に数日だけ登校するなど、子供に合わせた形で取り組んでいくことが必要です。

この短時間の登校期間中に、子供が学校に馴染めるような配慮をすることも必要です。

具体的には、担任やクラスメイトとの交流や、学校生活についてのアドバイスを提供することが考えられます。

子供が登校する時間を徐々に増やし、完全復帰するまでの期間をゆっくりと設定することで、不登校からの復帰が成功する可能性が高くなります。

以下は、短い時間だけ登校する形にする際のポイントです。

  • 子供がストレスを感じない程度の時間からスタートする。
  • 登校時間を徐々に増やしていく。
  • 学校のスケジュールやカリキュラムに合わせて、子供の登校時間を調整する。
  • 担任やクラスメイトとの交流を促す。
  • 登校に関する子供の意見や感想を聞き、フィードバックをする。

3-2.保健室登校からやってみることを勧めてみる

不登校から復帰させる際のポイントの一つに、保健室登校を試してみることが挙げられます。

保健室登校は、学校に慣れることが苦手な生徒や、教室で授業を受けることにストレスを感じる生徒に向いています。

保健室登校では、授業内容を保健室の先生が丁寧に説明してくれるため、自分のペースで学習することができます。

また、クラスメートと一緒にいることに抵抗がある場合には、保健室にいることで人との接触を減らすことができます。

保健室登校を行う際には、以下の点に留意することが重要です。

  • 学校側に事前に申し出る。
  • 学校のルールやマナーを守る。
  • 指定された場所以外に出ることは避ける。
  • 登校時間や日数は少しずつ増やしていく。

保健室登校は、不登校から復帰するための手段の一つとして有効な方法です。

しかし、この方法がすべての生徒に有効であるとは限らず、個人差があるため、子供と相談しながら試してみることが大切です。

不登校の復帰後すぐにまた休むについてのまとめ

不登校から復帰した子供がまた休んでしまったときの親の対処方法と、不登校から復帰させるときのポイントについて紹介しました。

復帰後にまた休んでしまう理由として、復帰による疲れや適応困難、ストレスなどが考えられます。

親が対処する際には、無理に復帰させようとせず、子供のペースに合わせて短い時間だけ登校する形にすることが重要です。

また、保健室登校から始めることを勧めたり、学校での出来事を無理に聞き出さないようにすることも効果的です。

最後に、子供が不登校になった原因を探り、解決するための支援をすることが不登校の予防につながります。

よく見られている関連記事

タイトルとURLをコピーしました